fc2ブログ

大会です

明日のMFG東日本の伊豆大会は予定通りの開催となりました。
今年は事業部長から早くの開催決定に、息子を頼んで10時前に自宅を出発。
店を回ること7店舗、88名分の賞品を買い出し、自宅で番付けし、車に積み込み終わったのが
午後6時半、今から夕飯を食って、風呂に入って9時半には自宅出発です。
まだ釣りの支度もしてありません。とりあえずオキアミの解凍だけは頼みました。
今夜は南西の風が強く吹く予報、あしたできるのかな~?
とりあえず西の風でも大丈夫な田牛の地方を予約しました。
藤枝の斉藤さんと出かけますが、私の車荷物が乗りません。
釣道具は助手席に押し込み、斉藤さん宅で車を乗り換え伊豆に走ります。
午前3時に受付開始のため、2時までにつくように走りますが、峠の凍結も
ちょっと心配です。
88名と参加者も膨らみ、今年スタートの大会楽しみです。
皆さんお気を付けてお越しください。
お待ちいたしております。 
スポンサーサイト



新刊です

(株)海悠出版さんから「磯・投げ情報」の4月号が届きました。

「決定版」楽ちん釣り場BESAT20・・・あったかい日にはぜひ行きたいですよね。
今年のフィッシングショーに行けなかった人には「誌上フィッシングショーのコーナーが
また賢ちゃんが投げ釣り、プロが教える仕掛け作りのイロハを担当しています。



神奈川の中世ちゃんが西伊豆仁科のシロ島でメジナの取材。
仁科か・・・厳しかったと思うよ。
同礁で焼津の有馬さんしっかり釣ってますよね、中世ちゃん頑張れ(笑)。



仁科といえば、明日は第10回有馬カップですね。
MFG東日本の伊豆大会も同日開催でやむなくキャンセルですが・・・できるか微妙。
今日正午の天気予報を聞いて開催か否かを決定いたします。
名古屋の横井さんからもお誘いがありましたが、こんな状況でごめんなさいでした。

伊豆大会開催のときは決定を待って、賞品の買い出しに走ります。
いつも時間いっぱいで、9時半ごろには家を出ないとで、今日は食事と風呂に入る
時間が取れるかわかりません。受付午前3時からということで2時には現地につかなくてはなりません。
テント張り、受付の設定、旗を立て駐車場の誘導・・・極寒の中地獄の3時間です(笑)。
一生懸命頑張ります、皆さん是非気を付けてお越し下さい。
今夜は場所によっては雨予報、峠の凍結も心配です。
できるといいな~ですね。 

御前崎港・新堤

昨日は御前崎港新堤に行ってきました。
御前崎港はよくいきますが、最近は西埠頭ばかり、新堤は実に久しぶりです。
予報では西の風だったんですが、御前崎についてみると風はナライ(北東風)。
最初西埠頭のつもりだったのですが、躊躇・・・。焼津や清水かなと迷います。
天気も良く、散歩も兼ねマリンパーク(新堤)を様子見に行くと風はナライながら、何とか竿を出せそう。
海はうねりがあり、濁っていますが良い潮目も出ています。
ゆっくり支度し、10時30分から実釣開始です。
ここ新堤は言わずと知れたウキふかせ道場、私も昔は目の色を変え通ったものでした。
一投目からエサが残りませんが、なんと二投目で本命ゲット。
しかしながら28cmと小さい。
その後、コマセが効きだすとあたり一面フグだらけ。コマセに突っ込むフグの大群が確認できます。
コマセワークを駆使しますが、フグ10匹に本命1尾の確率。
正午頃から風は西に変わりましたが状況は変わりません。
フグ対策でドカ撒きしますがフグは増えるばかり。2時過ぎ、風はますます強くなり
そろそろ終了かと思っていたら、ちょっと油断したすきにバッカン、杓立て、杓と
飛ばされ海の中に・・・うねりが大きくテトラが危険で回収できず強制終了でした。



結果4時間足らずの釣行でしたが、フグに悩ませられながらもなんとか
28~34cmを4尾の釣果でした。
さすが御前崎港、今年は悪いながらクロダイの魚影は相変わらず濃い。



この次はフグ対策を万全に再チャレンジですね。
なんとか40cmを超えたいですね(笑) 

現在の状況

2月28日(日)のMFG東日本の伊豆大会申し込み情報です。
現在申し込みは84名、うち女性2名です。
MFG全国統一し東日本会員がだいぶ減って心配しておりましたが
例年並みの申し込み人数に安心いたしました。
当日天気は曇りながら、土曜日が西の風やや強く波2.5mの予報、微妙です。
南伊豆だいぶ魚が動いてきました。いい塩梅なんです(笑)。
マルキューさんからもたくさんの賞品と、今年は予算もありますよ。
買い出しは大変ですけど楽しみにしていてください。
できるといいですね。 

新製品情報(その2)

マルキュー社から新しいフィッシングキャップの登場です。

マルキユーキャップ09
サイズ:フリー(58cm)
メーカー希望本体価格 ¥3,000(税別)
ちょっと派手目なトラッド系デザインキャップ
コットンメッシュをサイド面に採用し、季節を問わず着用できるキャッ プ。
トラッド系のデザインにちょっと派手目な色使い。釣り場での注目度UP 間違いなし!
カラー(ブラック/レッド/ブラウン/オレンジ)






タウンユース、若者受けしそうなデザインと色ですね。
老人着用もありなのかな(笑)



ともかく09が表すように最近作でも9作目?。
ワークキャップありーの、ニットキャップありーので、キャップはますます充実ですね。

フィッシングショーでご覧になった方も多いと思います、いいですね~。

ともかく今年もマルキューさんは熱いんです。

 

大会の連絡です

2月28日(日)
第57回MFG東日本復興親善海釣り大会(伊豆大会)が
大会本部を静岡県南伊豆・大瀬港に置き開催予定です。
受付時間午前3時~4時です。受付を済まされご自分の好きな釣場に移動
午後2時~3時までの戻られ検量していただきます。
予備日は設けませんので開催の有無は前日の午後1時頃に決定となります。
参加費はMFG東日本会員が2000円、一般参加は3000円となります。
当日会員の手続きもOK、飛び込みも大歓迎です。
MFG全国統一が成っての初の大会です。今年は賞品も豪華になりそうです。
こうご期待でお集まりください。

現在参加申込者が80名を越えたとの連絡をいただきました 。
28日の予報は曇りで降水確率30%、気温は最高が15度ほど(静岡県では平年並みかな)。
できそうには思うのですが・・・、この頃の天気ころころ変わるので心配です。
開催決定を受け、賞品の買い出しに走ります。

今年も激ウマの「豚汁」もありそうです、お楽しみにですね。

当大会、担当は神奈川の神保秀明さん、久保野幸太郎さんと私の3人です。
大瀬港でお待ちいたしております、よろしくね。
 

新製品情報

マルキュー社からチヌ釣りの定番「チヌパワームギ」がさらにパワーアップし新登場。
フィッシングショーで現物をご確認いただいた方も多いとは思いますが、ついに店頭販売です。

「チヌパワームギスペシャル」



5種類のムギと大粒コーンで 視覚効果が抜群!

色や大きさ、形の違う5種類のムギと大粒コーンが異なる速さで沈み、視覚へ強烈にアピール。集魚・摂餌力の高い"新MP酵母"と、さなぎエキスを濃縮した「チヌにこれだ!!」も配合、魚を素早く寄せて長く留めます。足元から沖目、中層から底釣りまで対応するオールラウンドタイプです。

分解菌・ミネラル配合
●チヌパワームギスペシャル

配合エサ特性表を参考に、マキエ効果を最大限にいかしてください。
内容量  製品番号 JANコード 3,500g  0538 [6] 4905789005382
※製品番号欄にある[ ]内の数字は、1ケース入りの数を表しています。

最近は価格設定がないため値段は釣具店でお確かめください。
私もまだ手元になく、未使用ですが、是非早急に使ってみたい一品です。

静岡県中西部のチヌ釣り、まだ良い情報が入ってきません。
魚影の濃い御前崎港でさえ、木っ端チヌが主体のようです。
20cm以下のような物が数釣れ、。25cmあればいいほう。

例年2月に好釣果の貯木場は、今年はどうなんでしょうね?

ともあれ御前崎港の大型はどこに行っちゃったんでしょうかね???
沖に堤防ができ潮の流れが変わり回遊の道筋が変わったのではという人もありますが、訳解りません。

清水港もかせで良型がぼちぼち上がりだしました、もう少しでしょう。
今年もチヌパワームギスペシャルをもって年なし狙いに出かけましょうかね(笑)。
 

磐田市の豊岡梅園に行ってきました。

約13ヘクタールの敷地内に3,000本の梅が植えられている梅の名所です。2月上旬~3月上旬には咲き競う花が山全体を白く覆います。また、散策道が整備されており時間をかけて園内を楽しむことができ、所々に八重やピンクの紅梅が配置され色どりを添えています。

ここは2回目ですが、今年はちょっと早いのかなと思いましたが、見ごろはもう少し後のようです。
山なんで、ウォーキングの準備が妥当かと思います。
いつも手入れをされていく方がおり、切った枝はみなさん持ち帰ります。
自然を慈しむ心を持ってどうぞごゆっくりとお楽しみください、年配のご夫婦や家族連れが多いですね。

豊岡梅園の梅干や梅ジャムの特産品をはじめ、梅エキスの入ったアイスクリームはおすすめです、甘酒、自家製梅干しの入ったおにぎり、自家製の梅ジャムパン等販売もあり、のんびりとお楽しみいただける観光スポットです。
ここの梅を使った梅酒を今回購入してきました。






豊岡梅園は梅酒用の梅を生産する目的で昭和42年に植樹されました。およそ4万坪に及ぶ園内には南高、古城改良内田といった白梅を中心に約3千本の梅が植えられています。
 あくまでも収穫を目的とした梅園ではありますが、満開時に咲き競う花の見事さからいつしか訪れる人も増え、時期を限って広く一般に公開しています。
 
 敷地面積 39,000坪
 駐車場     140台(今はソーラーパネルの設置でそんなにはおけませんけど・・・)
 入場料  大人     500円
        小中学生 100円
        (30名以上の団体様 2割引)
 入園時間 9:00~16:00
 
 〒438-0111 静岡県磐田市上野部1989-1
 Tel 0539-62-2666

暇があったら一度行ってみてください。その広さに驚くと思います。 

伊豆の状況

2月に今まで5度の釣行をし、感じたことを書いてみます。
伊豆全体で現在水温は13.5~14.5度ほど。
例年通り1週間で渡船できる日は1~2日ほど、昨年暮れから好調が
伝えられていた西伊豆はこのところちょっと厳しい。地方でじっくり攻めれば
型物が狙えるが、数釣りはちょっと期待薄です。唯一、田子は今年も好調のようですが
一人での釣行お断りのため、釣行できません(涙)。
南伊豆は…というと雲見(西伊豆)、伊浜、妻良はそれでもまあまあ、期待の入間、中木、石廊崎は
今年も場所むらがあり、どこでもとはいかず、ちょっと厳しいかな。
大瀬、下流は例年並み・・・、西伊豆の松崎は・・・渡船してるのかな?
下田沖根は神子元島がパッとしない、伊豆下田フィッシングもまだ再開しないし・・・
横根、石取り根は45cmほどは出ているようですが、込み合う以上の釣果は・・・。
東伊豆方面、須崎は好調、外浦は渡船なし、菖蒲沢はこのところホームページお更新がありませんが…
水温は西伊豆と南伊豆が低い。中間の雲見、伊浜、妻良辺りがちょっと高い。
例年東伊豆の方が低い水温が今年は違う。釣行は水温分布図を参考に決めた方が良いかも。
0.5度違えば釣果は大きく変わってきます。
潮が動かす、さらしもなくはこの時期大歓迎。浅場の根周りを軽い仕掛けで丹念に探ると
良い結果があると思います。
一級磯に群がる釣り人達を横目に、こんなところで爆釣!・・・なんてね。
先日の釣行でも須崎は結構釣れたのですが、根掛かりの回数も半端ではありません。
2日で7個のウキをロスト、実に痛い。
この時期集魚剤の選択も大事です。エサ取り次第で選択を誤ると撃沈しかねません。
釣り場で様子を見ながら集魚剤の選択ができればよいのですが・・・。
釣行の何日か前からの水温の動向を確認して選択したいですね。
マルキューさんの集魚力、すさまじいですよ(笑)、この時期強い味方です。
2月もあと1週間、3~5月まで3か月で何度伊豆に通えるか・・・、今年は6月に
伊豆諸島も行きたいし・・・鮎は5月に解禁だし・・・仕事やってる暇ないですね。

この釣行、年金生活で通える金額でないため、もう少し仕事頑張らねば・・・(笑)。 

19日(金)は・・・須崎です

17日の小下田は低水温に加え底荒れの濁りで撃沈でした。
小下田全体どこもよくなかったようですね。
「とことん釣ったるぜ!」のタイトルは?・・・ちょっと恥ずかしい次第。

翌18日はどこに行こか迷いながらとりあえず厳しかった西伊豆を後に南下です。
前回好釣果だった伊浜か、最近ご無沙汰の雲見、妻良、入間、石廊崎あたりが候補ですが・・・。
素泊まり歓迎の伊浜、妻良、入間あたりが有力ですが、とりあえず銀の湯・・・あれまだ改装中?
仕方なく弓ヶ浜の温泉に向かいゆっくりつかりながら考えます。
17日の釣果に何とか魚と出会いたい。平日だし下田沖根もありかな・・・。
喜一丸に電話を入れるとあまり混んではいない様子、石取り根も面白そうと一応の予約で田牛港に。
前回苦労した車中泊に再度の挑戦です。車を変えてシートアレンジがあまりできず、中も狭い。
とりあえずの場所確保し、寝袋に・・・。
18日、朝4時頃雨の音で目が覚め、あれ~?携帯で当日の天気予報を確認すると
雨の確率は10%程ながら西の風がやや強く、4時半現在海上では9m・・・強風じゃん。
この雨で西の強風?あまりに過酷な釣り?この年では絶対避けたい。迷いに迷った挙句出直しもありかなと
5時過ぎに、ちょっとうそをつき(ごめん)、予約をキャンセルし家路に・・・、下田を通過し西なら須崎もありかなと
一応須崎港に。雨はまだ降っています。三信丸さんは沖磯に6名ほど、すさき丸さんは地方に6名ほど。
お聞きした釣り客さんに進められ(笑)、「すさき丸」船長に電話を入れ、結局地方で竿を出すことに。
出船の6時過ぎにはほとんど雨も上がり、風裏でゆっくり出来そう。
爪木島、矢大臣、沖の川越島、陸の川越島、尾山と付けます。私は2度目の沖の川越島。
前回は手のひら大の木っ端メジナの終日入れ掛かりに撃沈の苦い経験があります。

7時前に実釣開始。一投目、仕掛けを投入し竿掛けに竿を置き偏光を取りに行くと竿ががたがた
33cmほどの口太が食っていました(笑)その後、同型3連発。前日と全く様子が違う。
後でわかったことですが、水温は14.5度で前日より0.5~0.7度ほど上がったとのこと。
しかしその後、コマセが効きだすと一面フグだらけに。全くエサが残りません、ハリも残りません(涙)。
10時頃まではひたすら大量のコマセをフグに食わせます。
10時を過ぎると潮が矢大臣側(上り?)に動き出すとエサが通るようになってきましたが
当たりは遠い。水温も低下か?魚は根から離れそうにないため強制的に仕掛けを入れていきます。
きっちり入れば高確率で当たります。しかしこの釣り根掛かりの連発。魚はついていてもハリスが根
に取られてのバラシも連発。仕掛け、ウキも何度も取られ、ちょっとめげてしまいます。
気温は高く楽なのですが、風は想像以上に強く吹き、下田沖根断念は正解。
そうこうしていると、足元のコマセを底で拾っているメジナを発見。
サイトフィッシングをしてみます。ゆっくり入っていった仕掛けのナビがビュン、35cmほどを5枚ほど・・・楽しめる。
しかし、40cmオ-バーがほしい。沖はちょっとサイズが今一なので、根掛かり覚悟で手前の沈み根の周りを
丹念に探ると待望の40、42、44cmと3枚の40cmオーバーをゲットできました。
納竿の14時45分まで、試行錯誤で何パターンも試しながら、十分楽しめましたね。

根掛かりのバラシや針外れが多かったように思いますがとりあえずの釣果です。
25~29cm 5尾、30~34cm 5尾、 35~39cm 8尾、 40~44cm 3尾



どの個体も丸々肥えていてこれが須崎体形?、良い状態です。
乗っ込みもまじか、卵や白子が結構膨らんでいるものもありましたね。

須崎は西の逃げ場のように思われている方も多いようですが、今年の須崎は熱い。
以前は30cm後半が多くなかなか40cmを越えない印象がありましたが今年は
どこでも出ています、好調なんです。

当日の地方の状況は・・・尾山、矢大臣は坊主(あれ~?)、隣の陸の川越島は30cmが2尾
爪木島は30~37cmが5尾でした。

場所が良かったというには皆さん近場。集魚剤と釣り方の違い?
いろいろと聞かれ丁寧に対応させていただきました。皆さんお試しあれですね。

当日の仕掛けとエサ

竿 がま磯 アテンダーⅡ  1.25号 5.0m
リール ダイワ精工 トーナメント 競技 2000LBD
道糸  東レ アイサイト 1.75号
ハリス  東レ スーパーLEX 1.5~1.7号
ウキ  釣研 オールフリー 00~0、トーナメントアクロ01~B、エキスパートグレZ 0C
ハリ がまかつ 掛かりすぎグレ 4~6号、伊勢尼 4~5号
オモリ フジワラ G7~B

オキアミ10.5キロ  メガミックスグレ、爆寄せグレ、グレパワーⅤ9スペシャル 各1袋
くわせオキアミ スペシャルM、特鮮むきエビ、フィッシュワゲット、アミノ酸α 

小下田行ってきました

北東の風の予報に、18日(木)西伊豆小下田に行ってきました。
前日夜、金二丸船長に電話を入れるとあまり良い返事ではありません。
前日は大西で海上は時化の状態、船は安良里に避難してあるようで・・・客も私一人。
普通ならお断りでもしょうがないのですが、そこは船長、長い付き合いだし「やりたいかね?」
で出船決定(笑)。朝には無風状態で、船を回してもらうため7時過ぎのゆっくりした渡船です。
磯番は「トビシマ」、もちろんこれが狙いなんですが。
天気も良く、爆釣を期待したのですが・・・。



名礁「トビシマ」です。小下田では一番沖に位置し、潮通しもよく
魚影もぴか一なんですが・・・・。



風なく、決して凪も悪いわけではありませんが、沖向きはさらしがきつく、潮色がなんか白っぽい。
ここにきてまた水温が下がったか、エサ取りどころか生体反応すらありません。
潮は上潮だけが上ります。
仕掛けを強制的に入れ待ちますが根掛かりばかり。
手の打ちようがありません。辛抱強く待つと手元にかすかな当たり。
何とか坊主逃れの1尾、35cmほどが食ってくれました。
その後も竿引きでの反応があったのですが手元にきた当たりと同時の
根掛かり、魚に外してもらおうと待ちますが、外れずのばらし・・・あれ~。
12時を過ぎなんと、1枚のみ・・・。
北向きが何とか仕掛けが入りそうなので、釣り座大移動。
こちらもエサ取りすらありません。
沖の沈み根の周りを、根掛かり覚悟でせめて何とか33cm、38cmを納竿の2時45分までに
掛けることが出しました。なんと一日を通して生命反応は4度だけ。
厳しかったですね。



金二丸さんは80歳を過ぎた気のいい船長がご案内です。
商売っ気がないため、あまり客を取りたがらない(笑)程ですが、いい人です。



当日の釣果は33、35、38cmの3尾のみ。
真黒な魚体が水温を物語っています。根周りから魚が出ない
この季節、まさに寒グレなんですが、仕掛けが入らなくてはどうしようもありません。
静かな陸寄りの根周りをじっくり攻めた方が好釣果なんでしょうが・・・。
まだまだ修行が足りない、今日この頃でした。

このままでは帰れません。
明日はどこで竿を出しましょうかね、とりあえず南に走ります。
報告、こうご期待を!

当日のタックルとエサ
竿  がま磯  グレスペシャルGチューン1.25号 5.0
リール  ダイワ精工 2000LBD
道糸  東レ アイサイト 1.5号
ハリス 東レ スーパーL EX 1.5~1.7号
ウキ  釣研 トーナメントアクロ 01~B
ハリ  がまかつ ふかせグレ 5~6号、伊勢尼 4~5号
オモリ  フジワラ G7~B

オキアミ9キロ、グレパワーⅤ10、遠投ふかせTR各1袋、メガミックスグレ 半袋
くわせオキアミスペシャル M、特鮮むきエビ 

今夜伊豆に走ります

今週、土、日と余り状況が良くない様子。
今日、明日は何とか竿を出せそうということで急遽伊豆に走ることに決めました。
今日は小下田の金二丸さんにお願いしましたが、客は昨日夜7時の時点で
私だけのようです。とび島狙いですが、乗れるといいな~ですね。
とりあえず泊りの用意して出かけます。明日はどこかは決めていません、気分次第ですね(笑)。
エサは平日で「武士」が使えないため「トージン」さんに解凍を頼みました。
そろそろ準備にかかります。
メジナはそろそろ乗っ込みの準備にかかっているものもあるようです。
脂の乗った極旨メジナ、釣っちゃいましょうかね。
帰ったらまた報告します。
 

フィッシュワゲット

マルキュー社より昨年新発売された付けエサの「フィッシュワゲット」です。
皆さんはもうお試しになられましたか?
常温保存で、使いやすい食わせエサ、エサ屋さんならではの発想ですね。
先日神子元島釣行の際使ってみましたが、タカベ、普通に釣れましたよ。
マルキューさんのホームページでは各地の名人たちがグレ・チヌを次々に釣りあげています。
この人たちなら付けエサは関係ない?エサなしでも釣っちゃいそうですよね(笑)。
手にべたつかず、使いやすいとは思いますが、私にはちょっと小さいかな。



穴あきタイプで誰でも簡単にハリ付けできる新形状のくわせエサ
フィッシュワゲット M 2015年11月5日発売
生タイプ 常温製品
新形状、穴あきタイプのくわせエサ。ビンから取り出してハリに1~3粒通すだけで手軽に使えます。素材にはオキアミが配合されており、抜群の集魚力、摂餌力を発揮。チヌ、アイゴ、アジ、ウミタナゴ、グレをはじめ、釣れる魚種が多く、お手軽な堤防釣りから本格的な磯釣りまで幅広く対応します。常温保存可。

普通に釣れます、高活性のときより効果発揮ではと思います。
是非一度お試しあれ。 

今後の予定

14日の「第10回有馬カップ」が順延となったため、今年予定の大会が早くも一つ
無くなってしまいました。
というのも、予備日で設定されている28日はMFG東日本の伊豆大会とまるかぶり。

28日のMFG東日本の伊豆大会(予備日なし)は私が担当のため抜けられません。

その後3月は
 2日(水) マルキュースタッフ(グレ)情報交換会   南伊豆入間
 6日(日) GFG青年部釣会                西伊豆雲見
16日(水) M1カップグレMFG予選会          南伊豆入間
17日(木)   〃                          〃
20日(日) 釣研FG富士山支部釣会           西伊豆田子
30日(水) G杯チヌ予選会                 茅ヶ崎
です。

2日の情報交換会以外はすべて予備日が設定されているため
すべてエントリーすると予定でいっぱい。
※16日、17日のM1カップMFG予選会は重複エントリー可能だそうです。

4月も4つの予選会・釣り会予定が入っています。

伊豆の大会でこの時期の開催確率は50%もありません。
20%くらいかな?予備日を含めても50%いかないくらいで大会役員は大変です。
各大会予備日を入れ対応なんですがカレンダーはスケジュールでいっぱいになってしまいます。

3月~5月はほとんど予定表は釣り一色になるため、その反動?
夏や秋はこのところ磯から遠ざかってしまっています(笑)。

先日の伊浜のようにゆっくりプライベートの釣りがいいのかも。
しかし大会は多くの釣友といろんなお話もでき有意義だし・・・。

大会に関しては周りの状況を見ながら対応を考えています。

生涯現役、生涯トーナメンターでありたいと思っていたのですが
周りの状況がなかなか許してくれません(笑)。

力を入れないと伊豆通いは厳しいものがありますが、今年は力を抜いて
楽に楽にいきたいとは思っているのですが・・・。

若い人たちの年寄いじめにも耐えながらね(笑)・・・厳し~! 

今日は何の日?

今日は早朝より風雨とも強く、外は大荒れの天候です。
川も結構増水してましたね。
気温は20度を超えているのですがなんか寒い?
私だけ?子供たちは薄着ですが・・・。

例年のごとく、奥様と娘からの義理チョコ?をいただきました。
結構高いのにね~、といっても本人達のおなかに収まるものですから…(笑)



お菓子屋さんの策略にはまって・・・ホワイトデーにはまた金が掛かりますよね。

今年に入って、ちょっと油断したら体重、リバウンド気味。
気を付けないと、また大変です(年を取ってからの減量は思った以上にきつい)。



このところ、頼みの「ヘルシア」もあまり効果がありません。
死ぬまで我慢なんですよね(笑)。 

お手入れは

釣りの後のお手入れは?
ロッドはボナンザが一般的?ボナンザとは特殊フッ素樹脂のコーティング材販売の会社名?
静電気帯電防止剤・特殊高分子材配合でスベリ効果・撥水効果・光沢がさらにパワーアップ
だそうで、ロッドのお手入れの今や定番中の定番。

写真は「ワンタッチ50g」と「ボナンザパックニューセレクトEX」です。

ものぐさな私は気が向いたときにしか使いませんが・・・。
磯竿は年1回ぐらいかな、鮎竿はそれでもよくやりますが・・・。



ボナンザ、考えてみると結構高価なんです。
裏技ですが、私はカーワックスのシュアラスター(米国製)のインパクト・マスター・フィニッシュを使います。
植物性天然カルナバロウを主成分として研磨剤を含まず耐久性・光沢性に優れ・・・
なんたって安いのがいいですよね。
だまされたと思って一度お試しあれなんです(笑)。



昔は道具のお手入れ大好きでした。
次の釣行のことを考えながらワクワクしながら竿を撫でたものでした。
最近では磯でよくチヤランボを使用し、竿をいたわり大切にされている方を見かけます。
横着で、海を見ると釣に傾注し道具のことなんか吹っ飛んでしまい竿もタモの柄も気が付いたら
一面傷だらけ・・・。
性格だからしょうがないですよね(笑)。

明日の「有馬カップ」西伊豆仁科磯は28日に順延となったようです。
28日は私の担当のMFG東日本の伊豆大会です。
丸かぶりで今年も有馬カップ断念ですね。

先日の南伊豆伊浜、ちょっと気をよくしています。
仕事も暇だし、来週にはまた伊豆行きたいですね。

 

伊浜行ってきました

11日、ホームグランドの伊浜に行ってきました。
ホームグランドといっても、今年初めてで久しぶりなんです(汗)。
出船は6時半ごろかなということで、のんびり1時半頃自宅を出発でしたが
金谷からいつものバイパスに乗るとなんと夜間工事で通行止め。
下道から静清バイパスに、解凍をお願いしてある沼津の「武士」に2時半から3時頃と言ってあったため
120キロ超えのスピードで・・・2時59分到着でした。
その後ゆっくりも4時過ぎには伊浜港に到着。今回も渡船はいつもの「重吉丸」さんです。
6時ころからコマセを作り、船長に挨拶、当日の客は私を含め4人。
すべて一匹狼?、一人一磯の大名釣りです(笑い)。
磯番は奥ということで、迷いますが選択肢は「トンガリ」「黒島」「丸島」あたり。
いつも顔わ合わせる常連さんが真鯛狙いで黒島ということで、久しぶりに丸島に渡礁です。
朝一くっきりと富士山が・・・あれ~、映りが悪い。



私が渡礁した「丸島」です。
足場が高く、ハエのも多く、余り好きな釣座ではありませんがメジナの魚影は濃いところです。
風は無風に近く、釣りやすそうですが前日からのうねりが残ってて、本命の南向きはさらしが大きく・・・、しかし良い感じです。
コマセを仕上げ、準備を整えているうちに、頭から潮の3連発。ちょっと気持ちが萎えますよね(笑)。
渾身期待の一投目、さらしに仕掛けを取られ思うように入っていきません。
仕掛けを回収するとエサがありません。
水温は14.7度とちょっと上昇。エサ取りはキタマクラが大半のようです。
コマセと仕掛けを離して入れていくと竿引きのあたり、25cmほどの木っ端尾長でした。
徐々にメジナの反応も出だし、1時間を過ぎたころからはエサ取りはあるもののきっちり仕掛けが入ると
33~42cmの口太がコンスタントに当たってきます。
高場からのやり取りに、まるで障害物競争のようなやり取りにハリスは1.7号と普段より一ランク太目。
強引なやり取りに徹しばらしはなかったですね。



10時過ぎころまでは疲れるくらいのあたりだったのですが、その後、エサ取りとともにメジナの反応も減少でした。
風は相変わらず無風状態で日差しが熱いくらい。
潮も下げ凪もよくなってきたため、一段下の釣り座に移動するも前下がりで結構疲れます。
エサ取りはほとんどなくじっくり入れていくとメジナの反応、向こう合わせでのやり取りですが
魚がが見えてからのハリはずれ連発。
なんか状況が違います。後で解ったことですが水温が14.5度と低下、少し活性が落ちたようなんです。
普段持ち帰らない木っ端メジナ25cmほどは奥様のご注文。大型いらないなんて・・・。

他のお客さんで生憎の貧果だった方に35cmほどを10枚ほどおすそ分け。
というのも、前回の釣行での貧果にクーラーボックスを小さいものに・・・。
自宅持ち帰りは25~30cm 4尾 31~38cm 18尾 40~42cm 2尾の計24尾でした.



水温低下で入れ込んでいた仕掛けに掛かったのは・・・。
超大型の感覚に慎重にに時間をかけ浮かした魚は・・・。
なんとアオブダイ。長さはともかく、重さは自分でも記録物?デカかったですね(笑)



久し振りに疲れる程の釣果でした。欲を言えば40cmオーバーがもう少しほしい。
黒島の真鯛狙い、70cmオーバーを取ってきましたね。
水温の関係と思うのですが、やはり伊浜は優しかったですね。

心配な帰りはモンスターエナジー2本でなんとかクリアー。帰って道具を洗う元気も残っていました(笑い)
しかし、一夜明け、今日は足が痛い(痛風?)。終日眠い、やっぱ年なんでしょうね。
本当は泊りで今日も竿を出したかったのですが・・・。

日曜日は大荒れのなりそうですね。


当日の仕掛け
竿  がまかつ がま磯 グレスペシャル Gチューン1.25号 5.0m
リール  トーナメント イソ 2000LBD
道糸  東レ アイサイト 1.5号
ハリス 東レ スーパーL・EX  1.7号
ウキ 釣研  トーナメント アクロ 01~G7
ハリ がまかつ  掛かりすぎ口太 5号、伊勢尼 4号
オモリ  フジワラ G7~G3

当日のエサ
オキアミ 9キロ  グレパワーⅴ9スペシャル、遠投ふかせスペシャル各1袋 

行くぞ!

明日は北東の風、どこの渡船も大丈夫のようです。
ホームグランドの神子元島でくらってちょっと心に火が付きかかっています。
もう一つのホームグランドで、私の伊豆通いの原点の伊浜に行こうと思います。
武士にオキアミの解凍も頼みました。
1時過ぎに自宅を出るつもりです。
釣れるといいな~ですね。

最近私の携帯にメールをいただくことが多くなりました。
メールの登録がしてないため返信できません。
メールをいただいておきながらお返事できなく、申し訳なく思っています。
車を変え、私の携帯ブルーツースの機能がついていないためせっかくの機能が使えません。
携帯買い替え時期なのかな?スマホの方がいいのかな~。
年寄は目も悪く、機能が十分使えるとは思われません、迷うところです。

明日の爆釣を夢見てちょっと今から仮眠を取ろうと思います。
12日もよい凪のようですが、車の6か月点検の予約を入れてしまっているため
泊まれません。

14日の有馬カップ、南西の風で微妙です。
延期になると28日のMFG東日本の伊豆大会とまるかぶりです。
さてどうなることか・・・お休みなさい。 

8日(月)です

7日の須崎の大会が終了後、翌日の凪に居残りで釣りをすることを決めたのですが、さてどこに・・・。
候補は神子元島、石廊崎、伊浜、雲見、小下田・・・。迷った挙句7日同礁だった中嶋さんに相談、無料渡船券もあることから
神子元島に決定しました。困った時の神子元島よろしく好釣果期待です。
いつも神子元島は下田フィッシングからの渡船ですが、みこもと丸の船長の山ちゃんがやめてしまって
現在運休状態。今回は三軒屋の磯治丸さんにお世話になりました。
このシーズン真っただ中で、凪もよいことから釣り客でいっぱいと思いきや、なんと8名のみ。
8名で神子元島貸し切りですが、この状況不安が募ります。
午前6時過ぎ手石港を出発、神子元島についてみると予報に反し、ナライがびゅんびゅん。
プライベートではこの頃は初の利用の磯治丸さんで渡船方法がわからず・・・、沖青根、黒根、アンドロとつけ
最後に残ったのは私一人、本場でもいいかとも思ったのですが、アンドロ近場の塀下に降りました。
うねりはさほどないものの、風がきつい。
最初海の状況がわからず、ワンドにコマセを入れ、ワンドの先に仕掛け投入。程よく沖に流れています。
幸先よく1投目から竿を引っ手繰るあたり・・・タカベでした、アレ~。
その後連発。ようやく海の状態が解るようになると釣座全体タカベだらけ。手の施しようがありません。
足元に大量にコマセを入れ分離を図りますが効果はありません。
周りに釣り人がいないことが災いし、タカベは時間がたつにつれ増えるばかり。
特鮮むきエビで試してもタカベが食ってきます。大きいさら試すとエサが残ったのでほっておくと
イサキが・・・、なんだこりゃなんです。

こんな状況、気力も体力も続きません。
狙いのメジナも30cmほどの口太と尾長各1のみ。この時期経験がないほどのど貧果。
今年の伊豆も厳しいようです。

結果アンドロ全滅、黒根全滅、沖青根はそれでも40cmあるかないかが数枚。
タカベがいたのは塀下周りだけだったようです。

磯から離れていると、頼みの嗅覚さえ鈍ってしまうようです。
プライベートで失敗は今までほとんどなかったのにね。

ともあれ家族の食べる分だけは確保。
(須崎30~38cm 5枚、神子元島 30cm2枚)



メジナは刺身用と煮つけ用に調理です。



イサキとタカベは塩焼き用です。
2日でたったこれだけ、涙ものですよね。



帰って各渡船の釣果をチェックしましたが、どこもパッとしませんでしたね。
水温低下で食い渋りの報告が目立ちましたが、神子元島は水温上昇とのこと
訳解りません。
ともあれ、撃沈でした。

14日(日)は西伊豆仁科で有馬カップ開催です。
今年は誘ってくれる方がいて2度目の参戦です。場所限定らしいのですが大型も出ているようです。
厳しい釣りになることは確かですが、今から楽しみです。 

久しぶりの磯でした

7日(日)GFG関東・東海合同の釣り会に参加してきました。
私が企画し、苦労して作り上げた大会で今年で10数年目。
神子元島に始まり、鵜渡根、神津島、石廊崎、大瀬などなど
開催地を移動しながらの大会でしたが今は当たり前のように須崎に落ち着いています。
もちろん須崎に持ってきたのも私です。
私が担当していたころは予備日は設けずでしたが10数回の内、流れたのは1回だけでしたね。
運が良かったといえばそれまでですが・・・。



昨年の合同はGFG東海に入会以来初の欠席で、その後の1年間は訳あって全休でした。
全くの1年ぶりのGFGでした。想像通り東海の役員さんの目は冷たかったですね。
行かなかったら良かったとつくづく思いました。
救いは関東さんの多くの釣友と会えたこと。この合同開始は埼玉の大山さん(現GFG関東副本部長)
と相談しすべての大会私が担当で決定、運営してきたのです。

そのころはGFG関東も一つで千葉方面からも多くの方々の参加を頂きましたが
今は支部もでき、GFG東海と神奈川支部との大会のようになってきて
千葉からはほとんど参加なしで、寂しい次第です。

さて、7日は清水の山梨さん宅に午前1時集合、2人で須崎に向かいます。
河津につくと北東の風がびゅんびゅん、厳しい状況です。

冷たい目の中、会費を納め抽選。30番でした。
この風で80名を超える人数をどう収めるか、釣果ともに厳しい状況と
覚悟ですよね。渡船をお願いしてある以上船長が開催と言われれば
しょうがないことですが・・・。

3杯の船で1,2便の計6杯。私は29~32番の方と崎山に渡渉。
北東風の逃げ場?風は当てますが安全な釣り場です。
朝一足元にはオセンとキタマクラが待ち構えていて全くエサが残りません。
開始直後、同磯の名手、「荒磯の中嶋さん」が早くも本命ゲット。その後3連ちゃんで
あおられます。
私の釣り座、足元がえぐれていてかなり上の方に海藻が付き
入れ込んでいくと根係ばかり。
沖に入れウキごとしもらせ手元であたりを取ります。この釣法
エサ取りが聞けず実に辛い。
100%エサが残らない状況ながら最初のあたりは35cmほど、中嶋さんを追いかけます。
付けエサが残らないばかりか、針も残りません(汗)
しかしその後3連発ながら足の裏サイズ。9時ころをずぎるとメジナの気配すらなくなりました。
10時少し前、そろそろ場所交代ですねと話していると手元のかすかな当たり。
結構な引きに慎重にやり取りし浮いてきた個体は確かに40cmオーバー。
しっかり浮かせ、タモを取ろうとした瞬間、えぐれに潜ろうとした魚を止めるとハリスが
海藻に・・・、魚の上50cmほどが引っかかってしまったようで・・・、魚は見えているものの・・・
みんなの助言で魚をすくったらと言われ試みるもタモを見ると潜ってしまい
とうとう出てこず、動かずでジエンド(涙)。
9時過ぎから徐々に下りが入っていたと思ったら10時ころから潮下の崎山の離れで竿が曲がり
出し入れくい状態、遠目で見ても型が大きい。
磯の前方の沈み根の周りに魚がついてしまって崎山の私たちは全くのコマセ係。
12時を過ぎて風向かいの潮が安定しているようなので試してみると
38cmを追加。あと1尾と頑張ったのですが結果10時の釣り座交代より後
崎山での釣果は4人でそれ1尾。

やはり優勝は崎山の離れ、名手妹尾さんでした。私はあの1尾があっても
優勝にはちょっと届きませんでしたね。

やっぱ釣れても釣れなくても釣りは楽しいですよね。
GFG東海の中のあの気まずさが我慢できればですが・・・。

私を理解してくれる釣友も多くいますが、役員さん方がね・・・
みんな私が世話した方なんですがね(笑)。

山梨さんと相談し、私はバラした罰ゲームで伊豆居残り。
さて翌日は・・・。

当日の私のタックルです
竿  がまかつ がま磯 インテッサG3 1号5.0m
リール  トーナメント イソ 競技 2000LBD
道糸  東レ アイサイト  1.5号
ハリス 東レ スーパーL EX 1.5号
ウキ  釣研 オールフリー 00号
鈎  がまかつ 掛かりすぎグレ5号、伊勢尼 4号

エサ
オキアミ9キロ、グレパワーⅴ9、超遠投グレ 各1袋 

明日は・・・

明日の伊豆地方の予報です
北東の風 やや強く 後 東の風 海上 では はじめ 北東の風 強く くもり 朝 から 昼過ぎ 晴れ
波 3メートル 後 2メートル

明日予定のGFG関東・東海合同の釣り会(須崎磯)は予定通り開催だそうです。
4時30分現地集合。
場所限定、釣果限定(笑)に決定ですね。
ナライで大荒れで良い釣果だったりして・・・。
水温は14度台、そんなはずないか?

月曜日もナライの風で良い凪となりそうです。
泊りでやりたいのですが、状況が許すかどうかですね。
山梨さんと相談です(笑)。

ともかく今夜(明日早朝)伊豆に向け走ります。 

2016年のカタログが届きました。

「東レ」さんから2016年のカタログが届きました。
ずっと大好きだったメーカーさんですが担当の前々任者の方が入社以来の好き勝手で
全国ひっちゃかめっちゃかにしてしまい、この時期(フィッシングショーの前)にカタログ届いたことなかったですね。
TFT関東の方もいまだに尾を引いてギクシャクしています。
今回の担当の方は、昨年12月にお会いしましたが、だいぶ苦労されているようです。
ともあれ正常に?カタログ届きました。
内容もアドバイザーがなんたらインストラクターが…なんてラインのメーカーさんの
情報に関係ないことはすっきりカット。

バウオのブランドで世界的に有名なバスのラインはさすがに充実ですね。



「磯」のラインすっきりしましたね。チヌに特化したラインがなくなりました。
私は好きだったんですが・・・。
「アイサイト」がすべてを代用なんですね。
ハリスはEXとLハードさえあればオーケーですよね。



厳しい状況下ですが、ラインのメーカーはラインのメーカーらしく・・・と担当は
おっしゃっていました。
巨大で日本さえ動かしかねない「東レ」グループの中でその起源となった
ラインはつぶすことはないようです。
どこのメーカーよりしっかりしていて、さすが「東レ」さんと思った
アパレル関係はなくなるかも・・・。
今回「磯」の物のみの掲示です。
必要なら早く買っておいた方がよいかもですよ(笑)



7日の合同、フィッシングショーと丸かぶりはしょうがないとしても
予報が北東の風やや強く波2.5m、50名以上の大会で
須崎はちょっと厳しい。場所限定、釣果も限定?になりそうです。
このところの合同、何かに呪われていますよね。
担当さんのせいでもないでしょうが・・・(笑)。

好調の西伊豆、南伊豆で竿を出したい気分です(笑)。

ともあれ今日午後1時半に開催か否かが決定です。
明日の午前1時に清水の山梨さんの所に出向き、静岡の吉田さん宅に向かいます。
今年最初の伊豆釣行、釣れるといいな~。 

フィッシングショー

今週末は大阪のフィッシングショーが開催ですね。
以前より一度は行ってみたいと思っていましたが
いまだ行けていません(汗)。
私の所属する?「釣研」さんや「東レ」さんは横浜のフィッシングショーに
出展しなくなって何年がたつでしょう?
メーカ-さんたちとも久しくご無沙汰なんです。
大阪は内容も横浜とだいぶ違うと聞いています。
「磯」担当の私にとって、中国、四国、九州と本場の
雰囲気を味わいたいですね。
多くのご無沙汰の釣友とも会えそうですし・・・。

7日は当初MFG伊豆大会の計画でしたが、フィッシングショーと被ることから
28日に変更したのですが、GFG合同の予備日に入れられてしまい、丸被り。
今年も行けそうにありません。

1月いっぱいで昨年10月末から入っていたリホーム、耐震の
工事が終わり、次の仕事も差し迫って追われておらず、のんびりしています。
先日オキアミを購入してきて(税込み1000円でした)冷凍庫から出したり、入れたり。
なかなか足が海に向かいません、困ったものです(笑)。

7日はこれからの磯通いの運命の日になるかもです。
おてやわらかに・・・、お願いしたいものです。
 

GFG便り

今年最初のGFG便りが届きました
299号です
年何回の発行かはよくわかりません(隔月くらいかな?)
昔と比べずいぶん分厚くなりました。



GFG、もちろん「がまかつファングループ」です。
私も入会し20年以上が経ちました。
入会後5年程から海水面の部長を仰せつかり15年ほど
「磯」のほう、頑張って、関東・中部と釣友間の交流を考え
合同の釣り会をスタート。(最初は勝手にとヒンシュクものでした)
現在も続いおていますが、ほとんどの会員はその起源すら知らないでしょう。
東海地区以外は以前私と一緒に活動した人たちが今も担当しています。
私はある理由から仕方なく海水面の担当を若い人に譲り・・・幹事なる部署?に。
そして今年からはすべての役職を解かれ抹消です(笑)。
できたら一言ぐらいの連絡があってしかるべきと思うのですが・・・。
以前から東海地区は鮎主導で、GFG発足以来30数年本部長、副本部長は
鮎の方のみですね。役員会での決定事項でさえ鮎のシーズンが始まると
我々に何の連絡もなくひっくり返っていましたね。

GFGは20年皆勤賞(G杯本選と重なった2度を除いて)の私が昨年は1度も参加しませんでした。
今年は端から各方面の釣友が心配してくれてお誘いを受け、迷っています。
もちろん釣りは大好きですが、私が信頼し面倒を見たと思っていた人達に
半ばことごとく裏切れれた感が強く、すべて投げ出したい気持ちでいたのです。

しかしながら、若い人たちにぜひ一緒にと言われ、物事意固地に考えず
釣りは楽しく楽しくをもっとうにと考え直し、7日の合同参加してみようと思います。

東海に所属しているにもかかわらず、東海からより中部の釣り会や関東の釣り会からお誘いを受け
鮎のシーズンもGFGの他地区の皆さんに良くしてもらっています。
今年のフィッシングショーでも他地区の鮎のテスターさんからお誘いをうけ
携帯の交換もいたしました(5月からお世話になる予定です)。

GFG地区本部の中では理屈の通らないことに納得しない私は偏屈なダメおやじに映るのでしょう。
しかし組織である以上「なあなあ」ではいけないと思っています。

この頃は私の子供くらいの若い人たちに教えられることもたくさんあります。
まだまだ老いては子に従えの心境にはなりませんが
今年は肩肘張らずに楽しい釣りを心掛けたいですね。

できるといいんですが…(笑) 

再度のMFGです

MFG(マルキューファングループ)からタオルと会報が届きました。
タオルの色は継続会員は青、新規加入会員は赤だそうです。



MFG全国統一時の地区は北海道から沖縄まで6地区。これからもっと分散化していくと思います。
特に東日本は静岡から青森までと広範囲、役員会一つとっても大変です。



グッズ類も充実、魅力的なものがそろっています。



東日本は全国で唯一年会費がない運営をしていましたが
統一後は年会費2000円が徴収されます。
会員数激減が心配されましたが、蓋を開けたら・・・大健闘。
まだまだこれから徐々に増えていくでしょう。

※MFG会員に大会のお知らせです
マルキューM-1カップグレ
MFG東日本・会員選抜全国大会予選会(伊豆大会)
2016年3月16日(水)・3月17日(木) 「荒天は中止」
予備日 3月22日(水)・3月24日(木)
開催の二日間に重複して参加登録可能(ただし、結果に関係なく2日とも参加できる方のみ)
受付 午前4時~4時30分(大会本部・南伊豆入間荘前)
検量 午後13時より
30cm以上3日までの重量で競います。

申し込み締め切りは2月29日(月)
申し込みは
〒363-8509
埼玉県桶川市赤堀2-4
TEL 048-728-0909  FAX 048-728-3909
マルキュー株式会社 営業部 星野まで

お問い合わせは
MFG東日本事務局  塩田
携帯 080-2339-3010

私も参加予定です、皆さんよろしくね(笑)。 

ブログって?

半年ぶりにブログを再開しました。
ブログって何かよく自分で解っていません。
昨年、確認もせず周りに言われたことを書いてしまって
直接電話にてお叱りを受けました。
その方によると「みんなに読んでほしくて書いているのだから・・・」と
いわれ、むしろ筆不精の私が好き好んで書いている訳がありません。
以前釣り雑誌に連載を持っている時でさえ同様でした。
いくつかのメーカーにお世話になっている身で、その何分の一かのお返しをしたくて
頑張っていました。ブログを再開した現在でも同様です。

ブログでお叱りを受けても、思ったことや自分の感じたことを
書くのがブログなんでは、と思っていました。
今は再開後、差しさわりのない文章を心がけています。
私のブログを何らかの形で読んでいただけている皆さんは
今のブログ面白いですか?

確かに不特定多数の方が読まれる可能性があるブログですので
無意味に他人を中傷したり、避難すりことはご法度とは思います。

しかし真実を曲げてまで、表面だけの事柄を書き綴るブログなんて
読んでいて面白くないですよね。

釣行記を主体に書いていこうと思っていましたが、私の周りの環境が
昨年来著しく変わり、なかなか磯に行けていないのが現実です。

今お世話になっているメーカーさんは、私はみんな大好きです。
昨今の釣り具業界は大変な時期にあることは確かです。
私どものようにメーカースタッフの中にはメーカーサイドにばかり立ち
メーカーにはずいぶん信頼されている方もおられます。

しかし、私が考えるにスタッフはメーカーに対しては釣り人の立場に立ち
釣り人(釣友)にはメーカーサイドに立つものだと思っています。
釣り人の立場に立ってメーカーに平気で苦情を言う私はあまりメーカーサイドでは望ましい存在では
ないかもしれません。しかしメーカーを思っての発言なんです。

以前ブログで、読んでくれていると確信を持った釣友にそれとは
なしに小言を言ったこと確かにはありました、愛情と思っていましたが
もちろん気に障られたことがあるとは思います。

今後どんな方向でブログを続けていけばよいか思案中です。

磯へバリバリ通うことと(できるかな~)、メーカーさんの新製品の先取り情報や
大会告知はこれからも何をおいても続けようとは思っています。

私のつたないブログを読んでいただいている方の
コメントを頂ければと思っています。
極力お返事いたします、ブログが交流の場でありたいですね。
 

フローテイングベストです。

「釣研」さんからフローテイングベストが届きました。
「フローテイングベスト」「ライフジャケット」正式名称は?
どちらでもいいような気がします(笑)
「磯」ではもちろんのこと、堤防や船でも命を守る必需品。
機能と格好で選びたいですね。



マルキューさん提唱の「渚釣りスタイル」もフローテイングベスト着用です。



釣研さんの「マエストロ」ちょっとこっぱずかしいですね。
5月(予定)には東レさんのも届きます。
釣行時、どれを着用かいつも迷います。GFG、釣研FGの出席がなくなった(?)今は
ほとんど取材時、プライベートともマルキューさんのもの着用が多くなりました。
といっても、アパレルは東レさんのものが多いかな・・・。

鮎は「がまかつ」一本ですが・・・。

今日も伊豆方面はナライ(北東風)、明日は天気もいいのですが
明日、大事な仕事の打ち合わせ(説明会)があるため動けません。
今日は富士の「マルダイ」さんの2か月に一度の展示会。
今回はどうしましょう、差し迫って買うものもなし、気が向いたら出かけますが・・・。

磯に行けてないためそろそろ欲求不満が溜まってきました。
凪次第ですが4日(木)、5日(金)と伊豆に走りたいですね(笑)。 

フィッシングショー行ってきました

フィッシングショー(パシフィコ横浜)に行ってきました。
自宅を5時15分出発し、東名高速富士のバス停で同行の木村さんと
無事合流、現地のパシフィコ横浜に8時過ぎに到着でした。
いつもより30分以上早くの到着に、まだ地下の駐車場も空いていましたね。
久しぶりに若い人との釣り談義、大変楽しい時間でした。
いつも愚痴の多い年寄の話を嫌な顔一つなしで聞いていただきました(笑)。

フィッシングショーの第一の目的はMFGブースの立ち番。
私の担当は10時~11時でした。



大勢の方に立ち寄っていただき、昨年程ではなかったですが、盛況でした。
「いい人」の代名詞、清水の山梨さんもお父さん、息子さんと3代でご来演
MFGにもご加入いただきました。
久しぶりの山梨さんでしたがさすがに「いい人」ですよね。
清水港の状況がよくなったらまた一緒に竿を出させていただきたいものです。

お近くにお世話になっている「がまかつ」さんのブースも・・・。
いつも通りの盛況でした。
ハガキ持参でカタログをと多くの方が押し掛け、早いうちに用意した数
無くなってしまったようです。



一番の賑わいはなんてったって、限定販売のブース。
ここだけは終始行列が途切れなかったですね。
私のお目当てのマルキューのジャケットは金曜日に完売だったようで
買えずじまい。残念でした。

昨年同様の、ちょっと早い帰路につき、午後5時30分頃自宅到着でした。
夕飯時に缶ビールを一本飲んだらその場で夢の中。目が覚めたら11時を回っており
風呂に入り布団に・・・。
やっぱ体力落ちてますよね。
年金早めにもらったほうが得なのかな(笑)。