FC2ブログ

二匹目のどじょう

年寄りは昨日の好釣果が忘れられず、再度の相良港に
出発と相成りました(笑)。

現地到着は7時半、前日とは違い力が入っています。
しかし日曜日とあってすでに風を背に向けるポイントにはルアーマンが・・・

仕方ないので、邪魔しない距離を取って入釣です。
この日、前日とは状況が違います。
1投目から全くエサが残りません、生のオキアミはもちろんコーンも瞬殺です。

昨日入釣の10時半頃までに足の裏サイズ1枚のみ。
富士山が笑ているかのようです。



昨日と何が違うかよくわかりませんが、答えはすぐわかりました。
10時半を過ぎるとぽつぽつ当りが出だし、一時は入れ掛かり状態です。
確実に地合いの時間が決まっているようです。ただし、違っていたのは型でした。
23cm~33cmまで、チンチンからカイズクラスのみで数は前日超えの
15枚。2時半ころサバが釣れた時点で終了としました。



地元の釣り人はほとんどがキス狙い。
私もオキアミで良型キスが4尾釣れました(笑)
地元のおじちゃん達に状況を聞くと、航路は最近砂を取り除く工事をしたばかり。
水深は3mほどだということでビックリ(笑)

海底が砂地で根係がない為わかりませんでしたね。
前日はそれでもひったくるような当たりばかりでしたが当日は
集中して竿先を見ていないとわからないほどの激渋、全く違いましたね。

ニゴリが入っていないと釣りにならないかもです。
ともかくウキフカセをする人すらないとのこと、河口に位置し
海底は砂地、クロダイの生息ポイントととしては間違いない。

良型の冬にニゴリが入れば鉄板かもですね。
ともかく西風に強いのがうれしい、また挑戦です。
スポンサーサイト



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://fishing2955.blog.fc2.com/tb.php/2351-dc4cc7b5